人気ブログランキング |
タグ:渓流釣り ( 11 ) タグの人気記事
激渋でしたが何とかイワナ。4月26日釣行
ゴールデンウィーク 突入ですね、しかも今年は史上初の大型10連休!
おそらくフィールドは、どこもかしこも満員御礼状態で、渓魚達は超ハイプレッシャーでしょうね。

そんな訳で、連休前に釣行しておこうと思い、26日にいつもの山の渓へ行ってまいりました。
前日の天気予報では、何とか雨は避けられそうで気温も少し下がる程度と予想されていましたが、実際は一日中霧雨が降り、気温も上がらないという最悪の天気でした。

いつもより少し早めに出発して、8時過ぎには渓に到着。
車からから降りると肌寒い気温、雨も降っておりレインウェアを着込んで支度を済ませて河原へ!
気温10℃、水温10℃と言う状況。

ユスリカらしき虫が時折ハッチしていますが、ライズは見受けられません。
水中に時折魚影を確認できますが、川底に張り付いており水面を意識していない様子。
本日のタックルは、2番7フィートのロッドにリーダー5Xを12フィート、ティペット6Xを4フィート足して合計16フィート。まずはパイロットフライとして#16のライトケイヒルパラシュートを結んで反応を見ます。
様子を見ながら釣りあがって行くと、程なくして大きなプールの流れ出し付近でライズを発見。
慎重にアプローチしてライズの上流へキャスト。

全く反応がありません。
完全にフライを見切られているようです、

ユスリカの他に#18番くらいのクリーム色のカワゲラがハッチしています。
フライを#18のCDCソラックスダンにチェンジしてライズの上流へキャスト、メンディングしながらなるべくナチュラルにフライを流すと、スッと魚体が浮いてきて吸い込むようにフライを咥えました。
すかさずロッドを立ててアワセを入れると、確かな手応えが伝わってきました。
ラインを手繰り寄せ流心へ入ろうと抵抗する魚をいなして、手前の浅い流れに魚を誘導します。
必死の抵抗で浅い流れの中を右左へ走りますが、ロッドワークで抵抗を抑えて、ネットインしたのは、25cmのイワナでした。
f0060717_14154998.jpeg
一匹釣れたことで気を良くしてさらに遡行をします。
魚はだいぶ浅い流れの中で確認できるようになり、3月に比べれば活性はあがっているように思えました。
速い流れの脇の反転流の中などにも魚影が確認できます。
しかし、ここからこの日の悪夢が始まります。
ポイントには確かに魚がいて、疎らですが虫のハッチもあり、時折ライズする魚も見かけます。
狙いを定めてライズのあったあたりにフライをキャストしますが、一向にフライに反応がありません。
エルヘアカディス、CDCカディス、ミッジピューパ、スペントミッジ、グリフィスナットなどいろいろなフライにチェンジして挑みますが反応がありません。
時折、フライに反応して見にくる魚もいるのですが、一向に口を使ってくれません。
さらに昼を過ぎても雨は止む気配はなく、霧雨の中気温も上がらず、時合いもなく全く答えが出ないまま、魚を探して遡行を続け、ポイントごとにキャストを続けますが、只々時間が経過していくだけでした。
結局、流れ込みの大きな淵を形成している大場所で数匹のヤマメがいるのを確認し、そこで粘ることになりましたが結局答えは出ず、後味の悪い釣行となってしまいました。
この日釣れたイワナの写真をもう1枚。
f0060717_22503674.jpg
帰宅して写真を見てみると、どうもこの写真の中に答えがあったのではないかと今思っています。
赤い丸の中はグリップ部分の拡大です、ここに写っているのは、ミドリカワゲラ(クリーム色のやつ)、オナシカワゲラ(茶色いやつ)の2種類。おそらくこの2種のどちらかを捕食していたのではないかと思います。

by nobinobit | 2019-04-28 14:16 | フィッシング
フライタイイング、これからの季節に向けて
昨年の7月上旬に釣り仲間と山と長野の県境に近い渓へ泊りがけで行ったことがありました。
車2台でのオートキャンプ。日中は釣り夜は酒盛りと大いに楽しかったのですが、実はとても悔しい思いをしてしまいました。
f0060717_12292929.jpeg
日中渓へ出かけ、林道の車止めから45分ほど山道を登り入渓したのが標高1500m付近、前日の雨の影響で増水気味。
流れも早くポイントが絞り込めず中々釣果が得られませんでした。
遡行を続けていると大きな堰堤にたどり着き、右側から大きく巻き上へ上がると、そこは白樺林に囲まれた野球場程もありそうな大きなプール。
しばらく様子を伺っていると、プールの奥の方でライズがありました。
岸際まで下って行き、更に様子を見ていると大きなカゲロウがハッチしていました。
2cmはありそうなモンカゲロウです。
次第にハッチの数が増えて、水面のあちこちにクリーム色のモンカゲロウが、まるで小さなヨットが帆を立てて漂うように浮かんでいます。
そして瞬く間にプールのあちらこちらでイワナがライズし出しました。
中には飛び立ったモンカゲロウをジャンプして空中で捕食する尺イワナもいて、大きなプールは大騒ぎになっています。
フライフィッシャーとしては、この状態を指をくわえて見てるわけには行きません。
しかし、7月の源流帯の山岳渓流。
持っているフライはテレストリアルかカディスが中心です。
おまけにロッドは2番の6フィート台、大きなフライをつけてロングキャストなどできるはずもありません。
それでも#12のエルクヘアカディス のウイングを逆立たせて、懸命にフライをキャスト。
何とかヒットに持ち込んでも、のされてしまいバラしの連続。結局5回ヒットしてキャッチできたのは2匹だけでした。
f0060717_12565953.jpeg
25cm、モンカゲロウでお腹がパンパンのイワナ。

この時、もう少し長い3番ロッドで、モンカゲロウパターンのフライを持っていたら、おそらく大釣りしていたと、つくづく思うのでした。
で、今年は今のうちにモンカゲパターンを製作している訳です。
f0060717_13020272.jpeg

by nobinobit | 2019-04-21 13:03 | フィッシング
秩父の渓なんとかボウズを免れました4月16日釣行

本日は埼玉県秩父の渓へ行ってまいりました。
天気は良いし風も穏やかで絶好のフライ日和と思いきや、渓へ着くと超渇水!
一部は伏流して水がありません。
おまけに林道の上流側から餌釣師が退渓して降りてきました。
とりあえず入渓して多少水深のある石裏や落ち込みを狙いますが、魚の反応はありません。
一旦退渓して下流の少しでも水のあるところへやってきましたが、こちらもあまり良いとは言えません。
護岸のブッツケの水深のあるところでヒットしますがフッキングが甘くすぐにバラし、その少し上流のトロ瀬で再びフッキング魚体が見えたところで再びバラし!(泣)
今日はついてない。
渓を
変えて少し北側を流れる支流へ移動。
大場所は魚の反応なし、小さな落ち込みにフライを流すとやっとフッキング、小さなヤマメでした。
なんとかボウズは免れました。

写真の説明はありません。

by nobinobit | 2019-04-16 18:15 | フィッシング
ヤマメ・イワナ釣れました!4月12日釣行Part2
下流の大きなプールで足止めされて、すっかり渓流釣りらしくない釣りをしてしまいましたが、午後は上流の渓へ入渓。友人と200m位間をとって別々に入渓しました。
吊り橋を渡り踏み跡を頼りに渓へ降りていくと、テニスコート程の河原へ到着。
まずは河原伝いに下流へ移動し最初のプールへ。
下流の流れ出しの少し上の沈み石に狙いを絞りキャストすると、一発でヒット!
ロッドを立ててラインを手繰るものの、すぐにバレてしまう。
悔しがる間も無く沈み石の1mくらい横で別の魚がライズ!
今度こそとキャストすると、フライにアタックするがフッキングせずに意気消沈。

気を取り直して流れ出しの本筋にキャストするとまたまたアタック、今度は上手く合わせ魚をキャッチに成功。

f0060717_14065988.jpeg
19cmほどのヤマメでした。

上流へ移動して対岸が崖になっている淵に到着。
深みから浅くなる流れ出しの駆け上がり付近でライズする魚を発見。
そっと近寄り斜め下流側からライズの上流1m50cmくらい上流のフライをキャスト。
魚はゆっくりとフライを咥えました。
ロッドを立ててアワセを入れるとヤマメ特有の小気味良いバイブテーション!
f0060717_14382199.jpeg
23cmの綺麗なヤマメをキャッチ!

更に対岸の岩盤すれすれに大きそうな魚がライズ。
何度かキャストを繰り返すとー、見事フッキングに成功。
しかし一気に魚は走り出し、ロッドを立てて応戦するも、バラしてしまいました。

気を取り直して更に上流へ、少し開けた河原で瀬から流れが岩盤にあたり、淵が大きくカーブするポイントに来ました。流れ込みの白泡の切れ目にフライを流すとすかさず魚がアタック、うまくフッキングするもすぐにバラシ。
とにかく今日はバラしが多い。

今度は流れがゆるくなるところにキャスト。
すぐに反応があり、今度はうまくネットイン。
f0060717_14420315.jpeg
24cmのイワナでした。

遡行を繰り返し次のポイントへ。
沈み石が点在するポイント。
大きめの石がある上をトレースする様にフライを流すと、明らかに大きな魚がフッキング。ラインが少し出される中、なんとかテンションを保ち応戦するが、程なくしてテンションは無くなりました。
次はその上の流れの脇を流すと、またまた素直に魚がアタック、今度は慎重にネットイン。
f0060717_14422556.jpeg
23cmの綺麗なヤマメでした。
その後もバラしを連発しつつも、何とか3尾キャッチ。
f0060717_14423922.jpeg
23cmイワナ。
f0060717_14425517.jpeg
13cmチビヤマメ。
f0060717_14430957.jpeg
最後は23cmのキレイなヤマメでした。

気がつくと3時半、帰りのことを考えこの日はここで納竿となりました。


by nobinobit | 2019-04-13 15:05 | フィッシング
ヤマメ・イワナ釣れました!4月12日釣行Part1
友人と二人でまたまた山の渓に行って来ました。
前日は季節外れの雪が降る荒天で、当日も3月上旬の冷え込みという悪条件。
渓へ向かう車の中で、「今日は駄目かも」などと、ネガティブな二人。
10時半ごろ目的地に到着。
気温6℃、水温8℃、水温があまり低くなかったのがせめてもの救いか?
支度をしている側に釣り人がいたので声を掛けて状況を確認。
その方はテンカラ師で、朝からきて釣っていたけど、フライを見にはくるけど口を使わないとのこと。フックの大きさを聴くと、なんと12番。
もしかすると釣れるかも!

早速駐車した側へ入渓して、大きなプールで様子を見る事に。
程なくしてライズを発見。しかし水中の虫を食べてる様でディンプルライズ。
フライを#18のミッジピューパにチェンジしてライズをを狙います。
魚の反応はそこそこあります。ライズのある周辺に何度かキャストすると、スッ!とフライが吸い込まれました。
すかさずロッドを立てると確かな手応え。魚は右へ左へ走ります。
さらにジャンプ2回。レインボーです。
f0060717_12232323.jpeg
慎重にやり取りして、本日のファーストフィッシュを仕留めました。
25cmのレインボー。

その後プールのライズの量が徐々に増えてきて、いたるところに魚がいるようです。
今度は沈み石のある浅場のライズを狙います。
流れの筋を変えながら何度かキャストしていると、パシャッとフライを咥えました。
アワセを入れロッドを立てて、ラインを手繰り寄せます。
今度の魚は深みへ逃げようとしますが、ロッドでなんとか持ちこたえ徐々に距離を縮めて行き、無事ネットイン!
f0060717_12294788.jpeg
26cmのイワナです。

コカゲロウのハッチが始まり、プールのライズはさらに盛んになって来ます。
フライを#18ブラウンのCDCソラックスダンにチェンジしてさらにチャレンジ、ライズのある所にキャストを続けますが、アタックはあるもののなかなかフッキングに至りません。
四苦八苦していると、やっとこの日の3匹目のレインボー23cmをキャッチ。時計を見ると既に12時を回っており、一旦場所移動する事にしました。





by nobinobit | 2019-04-13 12:39 | フィッシング
4月5日釣行part2
連続2匹バラシで自信喪失、兎に角悔しい!
最初のバラシは完全な私のミス。2回目は恐らく新しいロッドに慣れていなっかた事も原因かもしれません。
ここで気分一新少し上流へ移動しました。

深い谷を降りて河原へ着きました。
先程釣っていた場所に比べると谷は深く狭く、河原もそれ程広くありません。

入渓して目の前のプールを攻めます。
何投かキャストを繰り返していると、流れ込みの白泡の切れ目でアタックがありましたが、早すぎてアワセられず。
そしてこの頃から谷を抜ける風が強くなってきました。
上流から吹き下ろしたり、横から吹き付けたりと風向きが定まらないのと、時折かなり強く吹き付けてきます。
2番ロッドの上、16フィートのロングリーダーシステムは、かなりの苦戦。
連続してプールがあり、ポイントも結構あるのですが、兎に角風との戦い!
時折風が止むのを待ってキャストする状態です。
程なくして大きなプールが現れました、深さもあり川底には大石が転がっている絶好のポイント!
まずは岸の崖すれすれを通って下流側へ移動。
プールの中程にある沈み石に狙いを定め、風が止むのを待ってキャスト。
上手く流れの筋をトレースしています。
しかし、「ここだっ」というポイントではアタックなし、そのままメンディングをしながら、流れ出しの肩まで流します。

流れ出しの50cm位手前でゆっくりと大きな魚がアタック!
すかさずロッドをたててアワセを入れると確かな手応えが伝わってきます。
魚は深みへ逃げようと必死に抵抗していますが、こちらもロッドを立てて応戦。
2番ロッドでありながらバット部分に結構粘りがあるカンパネラは、見事に浅瀬へ魚を引っ張り出しました。
抵抗する魚を見るとかなりデカイイワナであると確信しました。
浅瀬を右へ左へ暴れるイワナをいなしてネットに収めることができました。

f0060717_20223809.jpeg
お腹がパンパンの放流間もないイワナの様です。
計測しましたら、28cmでした。
今年1番の大物でした。

写真をもう一枚。
f0060717_20260082.jpeg

by nobinobit | 2019-04-07 20:26 | フィッシング
4月5日釣行part1
4月5日に私のフライフィッシングの師匠である友人と山県の渓流へ行ってまいりました。
いつもの事ながら朝はゆっくり8時に出発。
下道で約2時間半、目的地に到着。
標高650m、少し風はありますが、快晴で気温も18度位ありそうです。
早々に支度を済ませ、いざ入渓??
今日は、先日購入した「カンパネラbaby trout」と「ハーディー マーキスLTW2/3」のデビュー。
急な斜面を下りて河原へ行くと、疎らですがコカゲロウがハッチしています。
2番7フィートのロッドに5xリーダー12フィートにティペット7xを4フィート、茶色の18番クイルボディパラシュートを結んで釣り開始。浅い瀬が続き岩盤のブッツケや大石の後ろの少し水深のあるところを中心に流しますが、反応はありません。

少し進むと流れが大きくカーブして大きな淵があります。
しかし去年の台風の影響か、大木が淵の中心部にドドーンッと横たわっています。
友人が「魚影がある」と伝えてくれます。

下流側からゆっくりと近づき、倒木の間にフライをプレゼンテーションしますが反応がありません。何度か試みましたがダメです。
ラインを一旦巻き取り、フライチェンジ、18番クリーム系のCDCソラックスダンにします。
下流から少しづつラインを伸ばし、何度かに分けて慎重にキャスト。
いよいよ核心部、倒木と岩盤の間の流れの筋に上手くフライが乗ります、60cmくらい流れたところで水面が割れ見事にフッキング??
魚はフライを外そうと横へ下へと抵抗します。
倒木周りに潜られたらアウトです。
ロッドを左斜め上へ高く保ち、魚を走らせないようにします。ニューロッドは、綺麗な弧を描き魚の抵抗を上手く吸収してくれます。
慎重にラインを手繰り寄せなんとか浅場まで魚をいなし顔を出したのは、元気なレインボー。
f0060717_12473856.jpeg

完全にヒレが再生した尾びれの大きなひれピンレインボー、26cmでした。
記念写真を撮って、「ありがとう」と声を掛け元いた淵へ優しくリリース。

更に上流へ進むと、日当たりの良いそこそこ水深のあるトロ瀬。
大石がいくつか沈んでいい感じに流れています。
友人にポイントを譲り、離れて様子をうかがいます。
2度、3度と流しますが反応がありません。
この時彼は18番のパラシュートを使っていました。
選手交代して、今度は私の番。
フライは先ほどと同じ、上手く流れに乗せると流心から一発でアタック。ロッドを持ち上げ軽くアワセをいれてテンションを掛けます。
先ほどより少し小さいレインボーの様です。
と、思った瞬間!
ラインを手繰る手が空振り、ラインがスルスルと出て行きます。
焦って手繰り寄せると、テンションは消えていました。(泣)

フライを点検し、もう一度同じ流れへ。
今度は、先ほどより1m位上流側でヒット!
明らかにヤマメの引き!
しかし無情にもバレてしまいました・・・ort
意気消沈し、一旦退渓する事に!

by nobinobit | 2019-04-07 12:52 | フィッシング
今年初アマゴと初イワナ!3月29日釣行
3月29日、今年初めていつもの釣り仲間4人での釣行です。
今回も山県の渓流釣り。訪れた川は標高800m程の里川。
入漁券を販売している食堂の駐車場に車を停めさせてもらい、各々釣り支度をする。
気温は12℃、水温10℃、曇天。2組に分かれて川添いの道を下ります。
車から1キロ弱下った所から入渓。
この川は、川添いに道路があり、どこからでも入渓できるので、いいのですが、反面釣り師が多く魚がスレ気味です。

今日のロッドは、2番8フィート2インチ、5x10フィートにティペット6フィート、#16のクイルボディパラシュートを結んで、水深のある流れの比較的緩い所を中心にフライを流します。
時折反応があり、フライを追いかけて来ますが途中で見切ってターンしてしまいます。
そこでフライチェンジ、#18のCDCミッジピューパに交換し持ち込みのプールにキャスト、白泡の切れ目からゆっくりと魚がフライを咥えこみました。
すかさずロッドを持ち上げると、アマゴ特有の小気味よいバイブレーションが伝わってきます。
慎重に寄せて、ネットに収まったのは、23cmの放流アマゴでした。
f0060717_16122435.jpeg
スモルト系の鱗が銀ピカのアマゴでした。
f0060717_16135908.jpeg
もう一枚。
今年の初アマゴです。

その後もアタックはあるものの、フッキングできずに釣り上がって行き、小さなプールの流れの筋の脇で小さな魚がヒット。
13cm程のイワナでした。
こちらは、小ぶりですが天然物のようです。
f0060717_16205126.jpeg
今年の初イワナです。


by nobinobit | 2019-03-30 11:03 | フィッシング
今日も山梨の渓流へ3月25日釣行
本日も山の某有名渓流へ友人と行ってまいりました。
朝は結構冷え込み都内でも手がかじかむくらいの気温でしたが、出発したのが8時、釣り場に到着したのが10時半ごろ。
その頃になると標高650m超えにもかかわらず気温は12℃くらいに成っていました。
水温は7℃、渇水気味でした。
11時過ぎにはユスリカに混ざってカワゲラやカゲロウもハッチしだし、程なくして散発ですが水深のある流れの緩いところでライズも見られるようになりました。
まずは入渓してすぐにライズを発見!
車にネットを忘れてきたので友人にポイントを譲りネットを取りに行き、戻ってみると友人のネットには21cm程のヤマメが。先を越されてしまいました。
そのまま釣り上がって行きますが、反応はイマイチ。
友人は緩い流れの中でさらにレインボーを2匹追加。
「今日はボウズかな!」などと不安になりつつ、一旦戻ることにしました。
車まで戻り駐車しているそばのプールを覗くとライズを発見。
今度こそはとフライをプレゼンテーション。
番手を#20くらいまで落とすと、ゆっくりと魚がフライを咥えます。
f0060717_22430961.jpg
ボウズを免れたので、上流へ移動します。
入渓点は結構谷が深く、入渓者も少ないようです。
ラッキーにも最初のプールで2匹目がヒット。
f0060717_22434729.jpg
午後になりの活性も高くなり、多少流れのある瀬の部分でも魚の反応が出るようになり。
いいポイントには、それなりに魚が付いているようで、連続でヒットします。
f0060717_22435793.jpg
もう一匹。
f0060717_22443862.jpg
そしてチビヤマメも。
f0060717_22444934.jpg
最後の一匹を釣って納竿となりました。
f0060717_22450308.jpg
3月としてはかなりいい釣果となりました。
by nobinobit | 2019-03-25 22:31 | フィッシング
2019年初釣行
解禁後初の釣りに行きました。
東京近郊の標高350m程の埼玉の里川。
自宅を10時頃出発して12時過ぎに入漁券を購入、ゆっくりと支度をして1時頃から入渓しました。
気温15度、水温8度。昨日の雨の影響で水温は低めで活性も良くないです。
解禁間近なので餌釣り師もチラホラ見かけます。
ヤマメ達は水深のある淵に付いてるようで、川底で泳いでるのを確認できます。
f0060717_18291579.jpg
ハッチもなく厳しい状況でした。一旦退渓し、狙っていたポイントでしばし 待っていると、3時近くになって、ユスリカのハッチが散発しだし、30分後にはソコソコのハッチが始まりました。
そして待望のライズが起こりました。
まずは18番のライトケイヒル。
反応なし!
20番のグリフィスナット。
一回だけ追ってきた物のその後は反応なし!
4時を回り日も陰ってきて気温も下がってきました。
最後の頼み、24番のスペントミッジを結びつけ、ダウンクロスでソフトにキャスト!
流心の少し手前のいいところを流れていきます。
ヤマメの40cmほで手前でヤマメがフライに向かってきます!流れに任せフライは吸い込まれるようにヤマメの口の中へ!

見事に今年初23cmのヤマメをヒットできました。

f0060717_18284202.jpg
f0060717_18283092.jpg
f0060717_18285765.jpg
その日の夜は、近くの温泉で汗を流した後、道の駅で車中泊。
f0060717_18385133.jpg
f0060717_18385939.jpg
翌朝ゆっくりと支度をして、ふたたび渓流へ。
2日目は気温10度水温8度、条件が悪く活性が昨日よりも悪い感じ。
結局木っ端ヤマメ1尾と外道のカワムツとウグイという釣果に終わりました。

by nobinobit | 2019-03-07 18:39 | フィッシング