タグ:平林寺紅葉 ( 10 ) タグの人気記事
紅葉撮影第2弾
ダイブ間が開いてしまいましたが、以前アップした「紅葉撮影」の第2弾です。
実は前回はプロローグでありまして、今回アップ分がいよいよ平林寺の境内に入ってからの撮影になります。

いずれにしてももともとロケハンのつもりでブラりと訪れたわけで、当然本格的に機材を持参したわけではなく、いつもお散歩カメラとして使っている「EOS50D」と「TAMRON18-200」のライトな組み合わせです。

当日は平日で曇り空とはいえ意外と人出があって、シルバー・シニアの方々が大勢訪れておりました。
入り口で入山料を払い中へ入ると、一面紅葉の世界が広がっていました。

f0060717_2225535.jpg


写真は入り口を入って真正面にある山門を撮影したものですが、実は写真の下側には大勢の見物客がおります。この山門は、木造、茅葺で寛文4年(1664年)建立。上層に十六羅漢像を安置する。埼玉県指定有形文化財です。

f0060717_2230352.jpg

f0060717_22331282.jpg


山門を抜け奥へ進むと右側に毎年撮影しているスポット「鐘楼」があります。

f0060717_22361234.jpg


本道の縁側から本道前の庭園を望む。

f0060717_2241381.jpg


苔むした庭石の上に落葉した紅葉の葉。

f0060717_22452533.jpg


用水の中に写りこんだ色づいた紅葉と用水のなかの紅葉。
f0060717_22481781.jpg




f0060717_22485160.jpg
f0060717_2249946.jpg


竹林と紅葉。

f0060717_22503927.jpg

[PR]
by nobinobit | 2010-12-14 22:50 | 風景
紅葉撮影
先週月一回の持病の診察を受けにかかりつけの病院へ。

通院する日は必ず5時起きして6時前には病院へ、そして受付をしてから一旦自宅へ戻り、朝食を摂り再び病院へ。
この日は運良く診察を受ける医療科の番号は1番検査と診察の結果は良好で何より。
薬局で処方をしてもらい病院を11時過ぎには後にすることが出来ました。

時間があったのでそのまま毎年訪れる新座市にある平林寺へ効用の撮影のためロケハンに向かいました。
新座市役所に車を止めて平林寺の入り口までぶらぶらと進みます。
今日はついでだったので、いつものような機材は持たず、散歩写真に持ち出している「EOS50D」と「TAMRON 18-200」の組み合わせです。

途中で平林寺の反対側、入り口の100mくらい手前にある「睡足軒の森」でしばし撮影します。
f0060717_15555495.jpg


「睡足軒」の敷地は、国指定天然記念物平林寺境内林の一部で、緑豊かな景勝の地です。
平林寺の所有になっていますが、江戸時代は大和田・野火止・菅沢・北野・西堀の五か村を支配していた上野国高崎藩・松平右京大夫家の陣屋があったところです。
現在、地名に残る「陣屋」はその名残です。
f0060717_15564011.jpg

電力事業に生涯を捧げ「電力の鬼」といわれた実業家である一方、茶道にも造詣の深かった昭和の大茶人・松永安左エ門(耳庵)氏が土地を購入し、屋敷地としました。
f0060717_15571691.jpg


そして道路に面した場所で好ポイントを発見。

f0060717_1615818.jpg
f0060717_1621979.jpg
f0060717_1624945.jpg

[PR]
by nobinobit | 2010-11-30 16:02 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.11
今年の紅葉撮影につて。

今年もたくさんの写真を撮れてよかったです。

近所に紅葉の名所「平林寺」があることと、平林寺のいつまでもかわらない自然の姿に感謝しつつ、来年もまた素敵な紅葉に巡り会えることを祈ります。
f0060717_928114.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-18 09:28 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.10
前の日記で撮影した場所は、小さの小径になっているのですが、真っ直ぐな道はそのまま正門のある通り(新座市役所前の通り)に続いています。
こみちの長さはだいたい50mくらい。

さすがに撮影日は見物客が多く、次から次へと人が来ます。
なかなかシャッターチャンスに巡り会えませんでした。

待つこと15分ほどやっと人が少なくなった一瞬(だいたい5秒くらいでしょか)に数枚撮影することができました。

この写真も小径がアクセントになっていい雰囲気が出せました。

その後遊歩道を回り、 野火止用水にかかる小さな橋(一跨ぎほど)に素敵な佇まいの紅葉があったので、撮影してみました。


f0060717_141379.jpg
f0060717_1414039.jpg
f0060717_1422560.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-15 01:42 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.9
いよいよ私のお気に入りスポットの写真です。

参道から一本横にそれたところにあるこの小径は竹林の手前に紅葉があり、竹のグリーンと紅葉の朱色がいいコントラストで映えます。

フルサイズ17mmでとにかくワイドに全体をとらえます。

f0060717_1613580.jpg
f0060717_1621196.jpg
f0060717_1624675.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-14 16:02 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.8
もっと一気にアップしたかったのですが、本業が忙しくてブログの更新がままなりません。
実は本日も休暇を取っていたのですが、返上して出社になってしまいました。

そんな事なので、もうしばらくはストックフォトのアップになりそうです。

前回の日記の続きです。
鐘楼の脇には、野火止用水から引かれた境内を横切る小さな用水路があって、そこに写り込む紅葉がなかなか綺麗でした。

そして反対側の鐘楼の鐘へ上がる石段の下からのショットは、前回同様(http://nobinobit.exblog.jp/12280556/)いい具合に逆光になっていました。
2週間程で見事に色ずいているのが判ります。
f0060717_102167.jpg
f0060717_10211638.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-14 10:21 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.7
平林寺境内へ入ってまず最初に目につくのは「山門」です。

県の指定文化財に指定されている山門は、二層の楼門で左右に金剛力士を配し、楼上に十六羅漢像を安置開いていて、寛文四年(1664年)の建立されたものだそうです。

茅葺き屋根の山門は、大変風情があるのですが周りの紅葉(もみじ)まだあまり色づいてなく、ちょっと残念でした。
とりあえず写真を数枚撮影。

そして奥へ進むと「鐘楼」があります。
この周りは見事に色づいていて絶好の撮影ポイントですが、あいにく見物人が多くてなかなかシャッターを押すことができませんでした。

撮影は前回同様、Eos 5D Mark llにEF17-40で行いました。

f0060717_0442420.jpg
f0060717_0555977.jpg
f0060717_0575958.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-14 00:34 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.6
いよいよEOS 5D Mark llの本領発揮です。

平林寺境内へ入山してレンズも「EF17-40 F1:4LUSM」に付け替えての撮影です。
前のメインカメラEOS 5Dと違ってダストリダクションシステムがあるので野外撮影でも以前より気を使わずにレンズ交換できるのがうれしいです。
純正Lレンズとの相性をご堪能ください。

真っ赤に染まった葉にグッとよって大胆に写し止めてみました。

私はスポーツなど連射を必要とする撮影をあまりしないので3.9コマ/秒の連射性能は必要にして十分です。

視野率が100%ではないですが、前機種より格段と良くなっているので、構図もファインダーに頼って後処理でトリミングすることもほとんどない状態です。

そして色の再現性が格段とよくなっています。
実際WEBでは圧縮がかかるので、RAWでの色味は伝えられませんが、最初にPCでモニタしたときに明らかに今までとは違うことが実感できました。

f0060717_0501576.jpg
f0060717_0462792.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-12 00:46 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.5
ここの所仕事が忙しくて、かなり間が空いてしまいました。

先月撮影した紅葉写真。
いよいよ「EOS 5D Mark ll」で撮影した写真です。

最初は、標準ズーム「TAMRON A09」での撮影です。

撮影した日は、丁度平林寺の正門のある通りの向かい側の「紅葉亭」の庭園も見頃になっていたので立ち寄ってみました。

ここは新座市が運営する茶道や華道などの施設のある庭園です。

f0060717_1195324.jpg
f0060717_1110246.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-11 11:09 | 風景
平林寺紅葉第二弾!vol.4
今回の撮影は前回とは逆に望遠はEos 5Dで撮影しました。

使用レンズはEF70-200 1:2.8L IS USMを使用しました。

1枚目は、埼玉県指定文化財の「山門」の(右上)の軒下から望む紅葉。
2枚目は、日本家屋の象徴「瓦屋根」と紅葉のマッチング。
3枚目、逆行に輝く枝を捉えてみました。

f0060717_002577.jpg
f0060717_013269.jpg
f0060717_023543.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-12-07 00:02 | 風景