タグ:オートキャンプ ( 12 ) タグの人気記事
名栗川 CAZUで1泊2日キャンプ
こんばんわ。

9/10(日)・11(月)と連休だったので、奥様とキャンプへ行ってまいりました。
2日ともいい天気で秋らしく、暑くもなく日差しも柔らかくて過ごしやすい2日間でした。
f0060717_22104354.jpg
お邪魔したのは名川にあるCazuキャンプ場です。
は江戸時代から植林が盛んで杉や檜を産出し「西川材」という名称で昔から親しまれていました。そして現在も材木屋が多く存在します。
「Cazuキャンプ場」は、吉田材木店という会社が経営していて、キャンプで使う薪が無料で使いたい放題、燃やし放題なのです。
普段ソロキャンプツーリングの際もよく利用させていただいており、設備も清潔で整っているうえ、気さくで愛想のいいオーナーが好印象の一押しのキャンプ場です。
f0060717_22114707.jpg
※180度パノラマ写真です。
キャンプ場は名川に面しており、清らかな流れで涼を取りながらリラックス出来るロケーションです。
6月末から7月上旬には、対岸の森の中にホタルが乱舞し幻想的なキャンプをすることができます。
f0060717_22112204.jpg
今回は2名でのキャンプだったので、久しぶりに愛車で出かけました。
やはり車だと荷物の量を気にすることもなく、カーゴスペースにガンガン荷物を放り込んで持っていけるので超ラクチンでした。
f0060717_22105621.jpg
テントはスノーピークのアメニティドームS、タープはモンベルのミニタープを張りました。
2名だとちょうどいいサイズで快適に寝泊まりできます。
f0060717_22110930.jpg
そして目の前の川でちょっと、フライフィッシングをやってみました。
さすがにヤマメは釣れませんでしたが、キャンプ場のど真ん中でしっかりと魚が釣れました。
15センチほどの丸々太ったカワムツが適当に遊んでくれました。
f0060717_22113675.jpg
撤収後は、近くにある「さわらびの湯」という町営の温泉でさっぱりして、途中飯能市内の「古久や」という、うどん屋で昼食をとり1時過ぎに帰宅しました。
f0060717_22520946.jpg

[PR]
by nobinobit | 2017-09-11 22:53 | 日常
ソロキャンツー 名栗川
今週は夏休みを頂戴しています。

娘たちが小さかった頃は、家族でオートとキャンプへ行っていましたが、もう成人していますので、今は懐かしい話です。
2年前にHTBの名作「水曜どうでしょう」の「原付日本列島制覇」に憧れて、HONDAの名車「カブ」を購入し、それからちょくちょく「キャンプツーリング」に出かけています。
毎年この時期は真夏の暑さを避けるため標高の高いところを目指し出かけています。
今年も例年通り群馬県の「赤城高原」へ出かけようと思いましたが、あいにく天気が怪しい。
そんな訳でネットの天気情報と睨めっこしてなんとか天気が持ちそうな秩父方面に決定。
どうせ近くだからと、ダラダラと準備して1時過ぎに埼玉の自宅を出発しました。
場所は、いつもお世話になっている名川のキャンプ場「CAZU」さんへお邪魔しました。
このキャンプ場は吉田材木店という材木屋さんが経営しているので、なんと焚き火用の薪がタダで使い放題。
「ファイヤー」大好きな私にとって、すごく嬉しいキャンプ場です。
途中買い物などで寄り道して、到着したのが4時30分。
いつもは予約はしないのですが、心配だったので途中で予約の電話を入れました。
f0060717_14111456.jpg
サクッと設営して、食材の買い出しに出かけます。
このキャンプ場は、来た道を1.5kmほどのところに大きなスーパーがあるのでとても便利です。
私の愛車「リトルカブ55周年限定モデル」と本日の私のマイハウス。
買い出しといっても食材は家からほとんど持ってきたので、飲み物(アルコール)と大量の氷です。
f0060717_14105857.jpg
早速焚き火を開始して、一人宴のスタートです。
そして、なんと昨日は学校が夏休み中なのに関わらず、私一人だけの貸切状態でした。
何て贅沢なフィールドでしょう。
f0060717_14104917.jpg
まずは大地に乾杯して、お刺身から開始です。
この後、ジャガイモを茹でて、ご飯を炊いて、ステーキを食べました。
疲れていたせいか、10時頃には酔っ払ってしまって、テントの中でバタンキューでした。
f0060717_14103823.jpg
翌朝は6時前に起床。
川面に一面靄がかかっていて幻想的でした。


[PR]
by nobinobit | 2017-08-01 14:23 | 日常
また来年
今年のキャンプもトラブルもなく無事終了しました。

毎年訪れているキャンプ場、また来年家族で楽しく訪れる事を願います。

都会の喧噪を忘れさせてくれる感謝、感謝の4日間でした。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_9552739.jpg
f0060717_9553750.jpg
f0060717_955496.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-19 09:55 | 風景
WEB
キャンプの報告ばかりなので、ここらでちゃんとした写真を、、、
カメラ片手にキャンプ場をぐるっとお散歩中のワンショット。
キャンプサイト脇の林の中、木漏れ日に光り輝く物を発見。
見事に綺麗に張られた「蜘蛛の巣」。
木漏れ日を浴びて虹色に輝いていました。
しかし何でこんなに緻密で綺麗に作る事ができるんだろう。
小さい頃読んだ本にこんな事が書いてありました。
アルコールに酔わせた蜘蛛に蜘蛛の巣を張らせると型が乱れてめちゃくちゃな格好になるそうです。
蜘蛛もちゃんと考えながら綺麗な巣を張っているんですね。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_2364378.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-16 23:06 | スナップ
アウトドアクッキング4
今回のキャンプのメイン料理。
いずれもダッチオーブンを使っての調理。
一品目は、「牛すね肉の黒ビール煮」。
牛すね肉と大きめに切った野菜(にんじん・玉葱・ジャガイモ・キノコ)を黒ビールでトロトロに煮込んだ物。
もう一品は、ミルクで練った「フランス風パン」。
強力粉とドライイーストをミルクで捏ねた生地。
いずれも大成功。
ビール煮はフォークでつぶすだけで粉々になるくらい柔らかく、ビールの苦みもどこかへ消えてしまい、まろやかな味わいだった。
パンは、外はカリッと中はふんわりで、香ばしくてコチラも美味だった。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_10205833.jpg
f0060717_1021986.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-16 10:27 | food
野鳥観察
キャンプ場の近くにある「野鳥の森」なるものへ行った。
しかしダメダメ家族は行動が遅い。
ゆっくりと朝食をとって出かけたのが10時過ぎ、既に太陽は真上に近い状態。
ここは運が良ければ「ヤマセミ」が観察できるらしい。
入園料を払って、研究員らしきお兄さんから「野鳥の森」の案内を受けてイザ観察へ。
番号の書いてある看板をたよりに森の中へ、鬱蒼とした森、獣路にような細くブッシュや岩場の観察路なる小道の中を進み森の中へ。
鳥の声はすれども姿は全く解らない、約40分くらいのコースを歩いたが結局たいした物も見れずに管理棟へ。
まあマイナスイオンとフィトンチッドをたくさん浴びたのでいい事にしよう。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_22505877.jpg
f0060717_22511684.jpg
f0060717_22513124.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-15 22:51 | 生き物
アウトドアクッキング2
初日の夜バーベキューを堪能し、そのまま炭火で次の調理にかかる。
豚バラブロックを5センチ角にに切り、あらかじめゆでてきたゆで卵と砂糖・酒・醤油・水を入れたダッチオーブンを炭火に投入。
火加減は、下3・上7の割合、後はダッチが勝手に調理してくれる。
次の朝の朝食は、飯合の炊きたてご飯、豚の角煮と煮卵、後は蛇腹切りした板ずり胡瓜を添えて出来上がり。

※写真をクリックすると大きくなります。

f0060717_23203436.jpg
f0060717_23204933.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-14 23:20 | food
キャンプサイトの朝
キャンプサイトに朝日が昇るとテントやタープ、芝生に降りた「朝露」が陽の光を浴びて「キラキラ」と輝いている。
山間部の清涼な空気感に包まれて、都会の垢を取り除いてくれる素敵な時間帯だ。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_711348.jpg
f0060717_713594.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-14 07:01 | 風景
キャンプの楽しみ
私のキャンプの楽しみは、なんといっても料理と食事。
炭火を使った普段できない豪快な料理を楽しめる。
といいつつも失敗はできないので、安全牌の料理が必然的に多くなる。
一番手軽なのは、アウトドアクッキングの定番「バーベキュー」。
炭火さえ起こしてあれば、網の上に好きな食材を並べるだけで出来上がる。
とにかくお手軽である。
今回も初日の夕食はバーベキュー。
鶏モモ焼きとポークチャップをメインに地元の農産直売所で買った野菜を焼いて簡単クッキング。
子供達も大喜び、かなり美味かった。


※写真をクリックすると大きくなります。

f0060717_23181853.jpg
f0060717_23183150.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-13 23:19 | スナップ
突然の雷雨
山の天気は変わりやすいと言うが、まさにそんな表現がぴったりだった。
キャンプ2日目の9日2時過ぎに昼食を済ませ、キャンプサイトの横を流れる川へ川遊びに出かけ。
子供達と遊んでいると遠くから地響きの様な低い遠雷の音。
空は晴れているのにその音がだんだん近づいてくる。
気になったので子供達に声をかけ一度川からあがらせてキャンプサイトに戻る。
川の対岸の尾根から黒い雲がだんだんと膨らみ始め雷の音が一層大きくなってきた。
急いで着替えさせて、早々にクラブハウスへ。
その間20分くらい他の人達は、まだこの状況を把握していないようだった。

そして尾根を越える雲の下に雨のカーテンがはっきりと見え、どんどんコチラに迫ってきて、あっという間にどしゃ降り、そして雷。

約1時間強雨雲が去った後徐々に晴れてきて、夜には星空が広がっていた。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_110479.jpg
f0060717_1101513.jpg
f0060717_110255.jpg

[PR]
by nobinobit | 2008-08-13 11:00 | 風景