カテゴリ:生き物( 95 )
都内の川でzaccoフィッシング
今日は休みだったので、愛車(原付カブ)で近所の川へ釣りに行ってきました。
我が家から15分くらいで到着する川は都下の東久留米市を流れている川です。
普段渓流へ行く時と違い、いたって軽装。
長靴とスリングバッグを積んで本当に気軽に出かけられます。
竿(ロッド)は先日手に入れた6フィート3インチ、2番のパックロッドですので、原付でも身軽に動き回れます。
f0060717_20430906.jpg
こんな感じの川なんですが、さすがに都内だけあって川の両岸は住宅だらけ。
土手を散歩している人たちは、珍しそうにこっちを見ています。
都内を流れる川なんですが、意外に水はきれいで川底がはっきりと見えるくらい澄んだ流れです。
深さは50センチくらい、真夏になると近所の子供達が水着で川遊びするほどきれいな流れです。
そしてターゲットは「オイカワ」。
「ヤマベ」とも呼ばれている清流を好む魚です。
もちろん釣り方はフライフィッシング!そして水面に毛針を流すドライフライフィッシングです。
真夏に比べると魚の活性が低くて、爆釣とはいかないものの、適度に釣れる状況でした。
しかし連れてくるのは「カワムツ」ばかり。
そしてフライにアタックしてくるのは5センチにも満たないチビちゃんばかりで針がかりしません。
今日使っていたフライは#22のミッジ。
大きさは7㎜くらいの小さいフライですが、それでもフッキングできないほど小さい魚ばかり。
f0060717_20434157.jpg
魚のいそうな場所を探して、原付であちらこちら見て回っていると、ちょうど土手の草刈りが終わったばかりのいい場所を見つけました。川へ降りて流れを見ると、なかなか良さそうな流れです。
そっとフライを流れの中へ流し込むと、「パシャッ!」と小気味いいアタック。
魚が掛かったのを確認して、ゆっくりラインを手繰り寄せると本命の「オイカワ」が釣れました。
f0060717_20432743.jpg
この後数匹釣って、3時前に納竿となりました。

[PR]
by nobinobit | 2017-10-05 21:21 | 生き物
へんないきもの展 サンシャイン水族館
お久しぶりです。
ずいぶんと怠けてしまいました。
皆さんお変わりないでしょうか?nobitaは相変わらず仕事もプライベートも忙しい感じです。

本日は休みだったので、サンシャイン水族館で昨日から始まった「変ないきもの展」へ行ってみました。
水族館の入場料2,000円(サンシャインカードを提示したので1,000円でした)プラス特別展示場への入場料(300円)を払って、入場待ちの列に並びました。
今日は開催2日目で、最初の日曜だったので結構込んでましたが、15分ほどで中へ入ることができました。

f0060717_18412341.jpg


最初にいたヤツは、でっかい「チュウゴクオオサンショウウオ」。
水槽の中で体をたたんでいるので小さく見えますが、しっぽまで入れると120センチくらいありそうです。
フライパン位の大きさの薄っぺらい頭は、きっと脳みそ少ないんだろうなぁ!などと考えておりました。

f0060717_18422996.jpg


通路の壁にエイリアンがいました。
ナントカエイの干したものらしいです。

f0060717_18433297.jpg


そして中へ入って行くとポスターになっていた「ロングノーズバットフィッシュ」が展示されていました。
元々はアンコウの仲間らしいのですが、アンコウの場合は鼻の部分にえさに似せた疑似餌をぶら下げ誘われてきた小魚を補職するのですが、コイツの場合は何の役にも立たないただの棒状の鼻です。

f0060717_1845237.jpg


更に奥の水槽に人だかりが… 人気者の「ダイオウグゾクムシ」です。
大きな物は40センチもありデカイ!
見た目はダンゴムシや太ったフナムシのようですが、動きがゆっくりなのでそれほどキモチワルくはありませんでした。

他にもいろいろと居たのですが、何しろ込んでるのと休日なので子供がチョロチョロしてて、ゆっくりできませんでした。
ぜひリベンジしたいです。
[PR]
by nobinobit | 2014-03-16 18:45 | 生き物
くろすけ
くろすけはだいぶ我が家の環境に慣れてきました。
普段はケージの中で食っちゃ寝、食っちゃ寝を繰り返していますが、
f0060717_2247122.jpg

ケージの扉をすと、興味深気に近寄ってきます。
f0060717_224727100.jpg

f0060717_22475714.jpg

スロープを付けると「待ってました!」とばかりに飛び出してきます。
f0060717_22481237.jpg

しばらくケージ内を確認のためうろうろして周囲を点検して回ります。
f0060717_22493276.jpg

一通り確認し終わると、サークルの中を突然ぐるぐると走り回ります。
f0060717_2251246.jpg

毎日2回30分程遊ばせていますが、少しずつ家族に慣れてきています。
自然界では天敵の多い草食動物なので、臆病で用心深いので少しずつ慣らしています。
早く抱っこできるようになるといいのですが・・・

※「くろすけ」の動画をアップしました、是非見てください。
「うさぎのくろすけ」
[PR]
by nobinobit | 2013-09-16 22:56 | 生き物
カワイイ家族 4日目
前回の日記で紹介した新しい家族の「ネザーランドドワーフ(うさぎ)」は我が家にやって来て4日目。

4月24日生まれの男の子、カラーは「ブラックオター」全身は真っ黒でお腹と目周りそして首周りが白そして耳の後ろにオレンジが入っています。
名前は「くろすけ」!
3日間はケージの中で環境に慣らしていましたが、トイレはケージにセットしたトイレですぐにするようになりケージ越しに干し草を与えると直接手から美味しそうに食べてくれます、好奇心が強いらしくごはんの入れ替えやお掃除の時には外へ出るような仕草をします。
f0060717_055938.jpg

だいぶ慣れてきたので、今日はサークル(ケージの周りを柵で囲ってみる)を作って外へ出るかやってみました。
うさぎは草食動物で自然界では天敵のおおい動物なので、凄く臆病です。
ケージから顔を出して恐る恐る出てきました。
毎日少しずつ慣らして行けばケージの外で遊ぶようになるそうです。
f0060717_0121892.jpg

そういえば昨日近所の動物病院へ検便を持って行ったのですが、診察券には
「○○くろすけ」
(○○は我が家の名字です)
と印字されていて、思わず微笑んでしまいました。
f0060717_0175360.jpg

[PR]
by nobinobit | 2013-09-09 00:17 | 生き物
家族が増えました「ネザーランドドワーフ」 animal
本日「ネザーランドドワーフ」という、うさぎさんが我が家に参りました。

黒のカワイイうさぎです。
まずは環境に慣れさせるため、今はケージに入っているうさぎを眺めるだけです。

癒されます!

f0060717_2355579.jpg

[PR]
by nobinobit | 2013-09-05 23:07 | 生き物
梅とメジロ+おまけ
今日は大荒れの天気になりましたが、昨日・一昨日は穏やかな春の陽気でした。
我が家の玄関前にある梅林も満開になり、部屋の中でも耳を澄ますと鳥達が春を楽しんでいる声が聞こえます。
そんな訳でカメラ片手に近所の梅林スポットへ出掛けてみました。30〜40本程の梅の木がある梅林へ到着して、まずは全体を散策。梅は満開です。
f0060717_237610.jpg

梅林を一回りしましたが鳥達は見つからず、たまたま撮影に来ていた人としばらく雑談。私のカメラを見てしばしカメラ談義を・・・
そうこうしていると一番端にある梅の木に小さな鳥の姿を確認。
そっと近づいて行きます。
こんなときカメラマンは、さながらハンターのよう、息を殺して身を低くして足音を殺してゆっくり動く。なるべくいい場所の至近距離まで近づきます。そして三脚を立てファインダーをのぞきターゲットを探す。ターゲットがフレームに入ったらマニュアルでフォーカスをあわせ、そしてシャッターを連写する。
一連の動作をターゲトに気づかれないようになるべくスムースに素早く行います。
f0060717_23244998.jpg

こんな感じに撮れました。
f/10.0 1/800 iso800 距離は約15mくらいでしょうか500mmの望遠で撮りました。
メジロの表情もはっきりとわかります。
f0060717_2329234.jpg

そして場所を少し移動しようと動くと・・・
f0060717_23302324.jpg

気づかれてしまいました。
チョット後ピンになってしまいましたが、メジロの飛翔の瞬間です。
こうやってみると意外と羽は薄くできている事がわかります。
群れが別の梅の木に移動したので、今度は先ほどより慎重に少し遠巻きして他の梅の幹に隠れながら近づきます。
先ほどより近くまでよる事ができました。
その距離約10m。
そして先ほどの手順で狙いを定めます
f0060717_2337889.jpg

今度はバッチリです。
f0060717_2338090.jpg

「梅に鶯」と言いますが、なかなかウグイスは梅の木には現れません。よく言われるウグイスはこの写真のメジロです。そういえばさっき雑談していた人も「ウグイスの撮影ですか?」っていってたなぁ。
「春告鳥」とかいてウグイスと読むそうですが、私の中の「春告鳥」はこのメジロです。
しばしメジロの撮影をした後は、すぐ傍にある河原へ移動してよく営巣している「アオサギ」を探しに行ってみました。
例年程たくさんいませんでしたが何羽か確認出来ます。アオサギは非常に警戒心が強く川の対岸にいても正面に立つと逃げてしまいます。その距離は100m以上あると思います。
土手の上にあがってアオサギを探します。上流側に3羽程休んでいるのを発見!
土手を移動して正面に行き三脚をセットし始めると飛び立ってしまいました。
しょうがなく土手を下流側に移動していると、なんと対岸ではなくこちら側の岸辺に一羽のアオサギを発見。そっと近づいてカメラを構えいつもの手順で連写。
f0060717_2352447.jpg

バッチリ撮れました。真横からキレイに全身を収めることができました。
恐らく距離は50mくらいだと思います。
こちらに気づいているとは思うのですが、逃げるそぶりは見えません。
もう一枚別の角度からのショット。
f0060717_2355287.jpg

非常にラッキーだったのだと思います。
日も傾いてきたので帰る事にしました。
[PR]
by nobinobit | 2013-03-10 23:57 | 生き物
近所の河原で・・・
久しぶりの書き込みです。
11日に久しぶりに天気だったので近所の梅林と河原へ写真を撮りに出掛けました。
そろそろ梅が咲いたので、花の蜜を求めて「メジロ」来ているのではないかと踏んで出掛けましたが、見事に振られました。
梅林のメジロを諦めて、今度は「カワセミ」を狙うために移動。
いつもカワセミが出没する撮影ポイントに到着してカメラを手に車を降りると、あろう事かまさにカワセミが飛び去るところに遭遇。
後ろ姿を見つつ半ば諦めつつ暫く待つ事に。
約2時間待っても来ないので諦めて移動する事にしました。
その間撮れたのは「ムクドリ」と「モズ」だけでした。
f0060717_135980.jpg
f0060717_141391.jpg

別のカワセミ出没ポイントに移動して。様子伺いに川沿いをブラブラと・・・
川には「カモ」と「セキレイ」しか確認できません。
いつもだと「小サギ」やまれに「ゴイサギ」「ダイサギ」「アオサギ」もいるのですが、今日は野鳥達はご機嫌が悪いようです。
f0060717_18176.jpg
f0060717_181216.jpg
f0060717_182227.jpg

気晴らしに「セキレイ」を撮影して、橋のたもとの撮影ポイントで待機しますが、一向にカワセミが現れる気配がありません。
しばらくすると傍にいた、やはりカワセミ狙いのカメラマンが声を掛けてきました。
「今日は午前中から狙っているけど一度も姿を見ていない・・・」
お話を伺うと、休みのたびにこのポイントでカワセミを狙っているとの事で、最近見かけなくなったと言っていました。
やはり2時間程粘りましたが、陽も西に傾いてきて身体も冷えきってきたので退散する事にしました。
それにしても最初のポイントで撮影できなかったのが悔やまれます。
後5分早ければ全てOKだったのですが・・・・(悲)
[PR]
by nobinobit | 2012-03-18 01:15 | 生き物
チャンスは偶然に!カワセミ撮影。
本日は休日だったので、午後から車で撮影に出掛けました。
さいたま市の浦和見沼用水のそばに「浦和くらしの博物館民家園」があるので行ってみる事にしました。
本来はOLYMPUS PEN LITEでチョットテスト撮影を試みてみようと出掛けたのですが、公園についてみると運河を再現した池でカメラを構えて佇むカメラマンを発見しました。
ニコンの一眼レフに長い望遠レンズ、明らかに鳥を狙っているとい解ります。
公園をまず一回りして戻ってくると、真剣に撮影するシャッター音が・・・
レンズの先を見ると「カワセミ」が葦の枯れ枝に止まっています。
f0060717_2335740.jpg

すかさずズームを目一杯のばして撮影しました。
しかし今日はサブで持ってきたEOS50DなのでレンズはTAMRONの18-250mm。
少々長さがたりません、そして三脚も持っていませんので取りあえず木に寄っかかって手振れを最小限にするようにして撮影しました。
このカワセミがなかなか役者で枝から飛び立ちはするのですが、どこかへ飛び立ってしまうのではなく、池の中を移動するだけでいつまでもさつえいできるはんいをうごきまわってくれます。
f0060717_23404334.jpg
f0060717_23405751.jpg

カメラを振り回してカワセミを追い回します。
しかし葦が邪魔をしてなかなかフォーカスが決まりません。
取りあえずファインダーに収める事に専念してシャッターを切るしかありません、
f0060717_2343515.jpg
f0060717_2344136.jpg
f0060717_2344111.jpg
f0060717_2345341.jpg

腕が未熟なのでフォーカスがあっていませんが、なんとか撮影できたようです。
なかなか愛嬌者のカワセミ君は今度は池の端の方へ移動します。
結構すばしっこいのでなかなか追いきれません。
f0060717_23494156.jpg
f0060717_23495376.jpg
f0060717_23501190.jpg
f0060717_23502369.jpg

f0060717_23443062.jpg

フォーカスが合ってませんが、なんとか写真を撮る事が出来ました。
今度は機材を変えて是非リベンジしたいと思います。
f0060717_23532631.jpg


2012年の抱負&新春の一枚
[PR]
by nobinobit | 2012-01-07 23:53 | 生き物
ニイニイゼミ
『静けさや岩にしみいる蝉の声』と言う、松尾芭蕉の有名な句があります。
夏を代表する俳句ですが、盛夏になると都心でも街路樹などで蝉の声はよく耳にします。
先日訪れた公園では、いたるところで蝉が鳴いていてまだちょっと早いんじゃないかな?と思うくらい沢山声が聞こえました、しかも盛夏に聞く蝉の鳴き声とちょっと違います。
途切れる事なく「ジーっ」と鳴いているのですが、盛夏によく聞くアプラゼミの鳴き声とは明らかに違います。
f0060717_1453652.jpg

声のする木にそっと近づくと、いました。
ちょっと小振りであまり綺麗ではない、どちらかと言えば不細工な蝉です。
f0060717_1473657.jpg

注意深く見ないと、木のこぶのようにしか見えません。
f0060717_1484918.jpg

都会育ちの私が初めて見た蝉でしたが、後日会社の同僚(昆虫博士)に聞くと「ニイニイゼミでしょう」といとも簡単に答えてくれました。
f0060717_1511770.jpg

「ニイニイゼミ」という名前はよくきいていましたが、この年になって初めて実物の「ニイニイゼミ」という蝉を確認しました。
f0060717_1530100.jpg

[PR]
by nobinobit | 2011-07-16 01:53 | 生き物
久しぶりの翡翠(カワセミ)
我が家の近所のカワセミスポットへ出掛けてみました。
時間は3時頃、久しぶりに出会えました。
まぁ、ちょくちょく見かけてはいたのですが、カメラを持っていなかったり、シャッターチャンスを逃してしまったりしていました。
出会ったカワセミは雄でしたが、ちょっとスリムな印象。
f0060717_146717.jpg
f0060717_1462114.jpg

気になるのは、カワセミの足下に釣り糸。
ギャング針が二個見えます。
カワセミに絡んでる訳ではなく、枝に絡んでいるようですが、危険です。
私も釣りをしますので、気をつけないといけないなぁ!と考えさせられました。
f0060717_1493587.jpg
f0060717_1494812.jpg
f0060717_1495980.jpg
f0060717_150915.jpg
f0060717_1502947.jpg

[PR]
by nobinobit | 2011-07-15 01:51 | 生き物