カテゴリ:乗り物( 4 )
懐かしいTyrrell P34
池袋の百貨店で開催中の「タミヤ」イベントで、懐かしいレーシングカーが展示されていたので見てきました。

「Tyrrell P34」タイレル(ティレル)P34、世界で唯一の実戦で使用された6輪のF1マシンです。
1976年10月24日雨の降りしきる富士スピードウェイで「F1世界選手権イン・ジャパン」が開催されました。
当時まだ子供だった私の記憶の中に残っていたのは、このレースでフェラーリチームのニキ・ラウダとマクラーレンチームのジェームス・ハントが優勝をかけて一騎打ちになるレースということ。
ケーム機などない時代。インドアの娯楽といえばテレビくらいでしたので、その日はずっとそのレースをテレビで見ていました。
確かその翌日の10月24日だったと思うのですが、新宿の住友ビルの下で実物のF1が展示されていて、友人と二人で見に行きました。親父のおさがりのペンタックスSPを持って、フィルム2本分くらい写真を夢中で撮った記憶があります。
そして例の「Tyrrell P34」は異彩を放っていました。既成概念にとらわれない6輪の姿は今でもしっかりと脳裏に焼き付いていました。
当時の実車が見られるということでフラッと見に行ってまいりました。
f0060717_14413348.jpg
現在のF1マシンのように新素材(カーボンなど)がない時代なので、よく見ると平面を主体とした金属のボディー感は否めませんが、今でもしっかりと存在感があります。
f0060717_14414623.jpg
エンジンはフォード・コスワースのV8 3リッターだったと思います。
コックピットもアナログ感満載で時代を感じさせます。
f0060717_14421858.jpg
当時のレースの結果は、フェラーリのニキ・ラウダは雨天に関わらず危険なレースを実行した大会に抗議する形で途中で自主棄権。
後半から天気が回復し、タイヤ交換の選択時期の勝負となりました。
1位がJPS・ロータスのマリオ・アンドレッティ
2位がエルフ・タイレルのパトリック・ドゥパイエ
3位がマルボロ・マクラーレンのジェームス・ハント
でした。

[PR]
by nobinobit | 2017-08-02 15:14 | 乗り物
おもちゃのような・・・☆
今日運転中に発見したもの。

ある重機リースの会社の機材置き場。

ポツリと小さな「ロードローラー」が置いてあった。

ロードローラーと言う響き自体懐かしい。
子供の頃は、大の乗り物好きで父親に頼んでデパートの玩具売場でよく「ミニチュアカー」を買ってもらったことを思い出す。
あのとき買ってもらった黄色い
f0060717_22233551.jpg
「ロードローラー」もこんな感じだった。
[PR]
by nobinobit | 2011-05-19 22:23 | 乗り物
軽自動車、ek-WAGON
そんなこんなで車が故障してしまいました。
まだ買ってから5ヶ月(中古ですが)メーカーの認定車なので保証がついているので修理代は無料です。

オルタネーターの交換と点検整備で4日程掛かるとのことでした。
そして本日無事に修理が完了して戻って参りました。

話は代車で借りた車です。
急な修理だったので持ってきた代車は、なんと軽自動車三菱ek-WAGONという車。
まぁ車がなくて不便するより良いのでお借りすることに。

まず第一印象、最近の軽自動車の車内は結構広々しているということ。
以前乗ったことのある軽自動車(確かスズキだったような)に比べると格段に車内がゆったりしている。フロントがベンチシートの所為もあるかもしれません。
そしてシートや内装も昔よりはしっかりとした作りです。

しかしいざ運転してみると、がっかりです。660cc3気筒は辛いです。
エンジン音はうるさいし、アクセルを踏み込んでエンジンを吹かして引っ張らないと思ったように走ってくれません。
ちょうど遊園地のゴーカートのような感じ。(レース用のカートではありません)
家族4人乗車だと、室内は狭くないのですがさすがに重たくてキビキビ走ってくれません。
スーパーの駐車場の坂なんかアクセル床一杯に近い状態です。
そしてサスペションの具合も、なんかしっくりこない。
路面の凸凹をダイレクトに拾ってハンドルに伝わってきますし、バネのストロークでしょうか兎に角ガタガタして下から突き上げられるような感じ。
これで長距離走ったらかなりキツイだろうなぁ!
f0060717_0583912.jpg

更に思った程燃費は良くないようです。
なれない所為もありますが、結構アクセルを踏み込んでしまいますので、みるみる燃料計の針が下がって行きます。
でも人間なれてしまえば、それでも十分なんでしょうね。
以前ディーゼルの4WDに乗っていましたが、友人のガソリン車とかでスキーに同乗させてもらって、半日助手席に乗った後、自分の車に乗るとエンジンのうるささを身を以て感じたりしました。
でもこの車新車で100万前後、町乗りのちょっとした足には良いかも・・・
ちなみに大きさの比較をしてみました。
f0060717_175428.jpg

[PR]
by nobinobit | 2010-08-22 00:57 | 乗り物
飛行船 Zeppelin NT
先日桶川にある「本田エアポート」に行ったときのこと。

ニッポンに唯一ある飛行船「Zeppelin NT」がたまたま係留されていました。
遠くから見えるその巨体を目指して、未舗装の河川敷を車で走り近くまで行くことができました。
(おかげでたくさんの水たまりの水しぶきで、車はドロドロになりました)

飛行している姿は過去のブログでも紹介していますが、よく見かけているのですが、飛行しないでいる姿は初めてであるとともに、間近で見る飛行船はとにかくどでかい。

長さもさることながら、高さもかなり高く感じます。
それに引き換え、コックピットと乗船スペースは本当に小さく、その部分に付いてはちょっと拍子抜けした感じです。

f0060717_0221040.jpg


ツェッペリンNT(Zeppelin NT)は、1990年代にドイツのツェッペリン・ルフトシフ・テヒニーク社によって開発された飛行船です。
ツェッペリンと言えば第一次世界大戦当時にドイツがつくった大型飛行船で大惨事を起こしたヒンデンブルグ号を思い出しますが。

当時の飛行船製造の技術に最新の技術を使って出来上がったのがZeppelin NTだそうです。

現在は3機製造されているらしいのですが、日本にあるのは2番機のボーテンゼーという機体だそうです。
全長75m、乗員2名、乗客12名、巡航速度80km/h、最大航続距離900kmの性能で、広告宣伝・航空撮影・地質調査・測量・遊覧飛行などの事業を行っているそうです。

f0060717_0322642.jpg

[PR]
by nobinobit | 2010-06-27 00:32 | 乗り物