人気ブログランキング |
ヤマメ・イワナ釣れました!4月12日釣行Part2
下流の大きなプールで足止めされて、すっかり渓流釣りらしくない釣りをしてしまいましたが、午後は上流の渓へ入渓。友人と200m位間をとって別々に入渓しました。
吊り橋を渡り踏み跡を頼りに渓へ降りていくと、テニスコート程の河原へ到着。
まずは河原伝いに下流へ移動し最初のプールへ。
下流の流れ出しの少し上の沈み石に狙いを絞りキャストすると、一発でヒット!
ロッドを立ててラインを手繰るものの、すぐにバレてしまう。
悔しがる間も無く沈み石の1mくらい横で別の魚がライズ!
今度こそとキャストすると、フライにアタックするがフッキングせずに意気消沈。

気を取り直して流れ出しの本筋にキャストするとまたまたアタック、今度は上手く合わせ魚をキャッチに成功。

f0060717_14065988.jpeg
19cmほどのヤマメでした。

上流へ移動して対岸が崖になっている淵に到着。
深みから浅くなる流れ出しの駆け上がり付近でライズする魚を発見。
そっと近寄り斜め下流側からライズの上流1m50cmくらい上流のフライをキャスト。
魚はゆっくりとフライを咥えました。
ロッドを立ててアワセを入れるとヤマメ特有の小気味良いバイブテーション!
f0060717_14382199.jpeg
23cmの綺麗なヤマメをキャッチ!

更に対岸の岩盤すれすれに大きそうな魚がライズ。
何度かキャストを繰り返すとー、見事フッキングに成功。
しかし一気に魚は走り出し、ロッドを立てて応戦するも、バラしてしまいました。

気を取り直して更に上流へ、少し開けた河原で瀬から流れが岩盤にあたり、淵が大きくカーブするポイントに来ました。流れ込みの白泡の切れ目にフライを流すとすかさず魚がアタック、うまくフッキングするもすぐにバラシ。
とにかく今日はバラしが多い。

今度は流れがゆるくなるところにキャスト。
すぐに反応があり、今度はうまくネットイン。
f0060717_14420315.jpeg
24cmのイワナでした。

遡行を繰り返し次のポイントへ。
沈み石が点在するポイント。
大きめの石がある上をトレースする様にフライを流すと、明らかに大きな魚がフッキング。ラインが少し出される中、なんとかテンションを保ち応戦するが、程なくしてテンションは無くなりました。
次はその上の流れの脇を流すと、またまた素直に魚がアタック、今度は慎重にネットイン。
f0060717_14422556.jpeg
23cmの綺麗なヤマメでした。
その後もバラしを連発しつつも、何とか3尾キャッチ。
f0060717_14423922.jpeg
23cmイワナ。
f0060717_14425517.jpeg
13cmチビヤマメ。
f0060717_14430957.jpeg
最後は23cmのキレイなヤマメでした。

気がつくと3時半、帰りのことを考えこの日はここで納竿となりました。


by nobinobit | 2019-04-13 15:05 | フィッシング
<< 秩父の渓なんとかボウズを免れま... ヤマメ・イワナ釣れました!4月... >>