例年より早い梅雨(雨の日の撮影)
今年の梅雨は例年用かなり早いそうです。
関東地方はここ数日ずっと天気が優れず、今日も一日雨でした。

折角の休みだったのにこの雨ではどこにも出掛けられません。
などど消極的にならずに、思い切って雨の中カメラを持って出掛けてみました。

写真は光が命です。
雨模様の空から注がれる光は柔らかいけれども力がないので、私としては非常に辛い状況。
ましてやカメラの一番の大敵の水が降り注いでいるのです。
当然カメラを胸の上まで抱え上げて持ち運び、大きめの傘を差しての撮影です。(よけい光が弱くなる最悪の条件)
f0060717_23434056.jpg

機材はシンプルにEos50Dとタムロンの18-200ズームだけです。
近所の畑の脇に生えていた何かの実を撮影してみました。
実はこのレンズで初めて経験したのですが、テレ側のパープルフリンジがひどく出ることを知りました。(写真はフォトショップで補正を掛けています)
普段使いのお散歩写真なら問題ないとは思うのですが、ちょっとがっかりしました。(まぁ、安いレンズだからしょうがないかもしれませんが)
f0060717_23494660.jpg

これは何の花だか解りませんが、雨に打たれながらも元気に咲いていたので撮影してみました。
所々に雨の雫を蓄えていて光を受けてキラキラしていました。
f0060717_23514862.jpg

しかしこの撮影で雨の中を約10分くらい、風があったことと相まってカメラに結構雨がかかってしまいました。
急いで車に戻り素早く濡れた部分を拭き取り、ズームレンスをテレ側にして車内の空調は除湿とかなり気を使う撮影となりました。
しかし雨の日の撮影は、普段とは違った景色や草花と出会えたり、発見がありました。
(続く)
[PR]
by nobinobit | 2011-05-29 23:58 | スナップ
<< 雨の日の撮影 2 本日のランチ5/28 >>