近所の川で「Fishing」
今日は仕事が休みで天気が良かったので午後から近所の川へ釣りに行ってみました。

我が家から車で2〜3分のところに「黒目川」と言う川があります。都下小平にある小平霊園のわき水を水源として、東久留米市・新座市・朝霞市を流れて新河岸川に合流する荒川の支流です。
都下を流れる都会の川にしては珍しく水質がよく、夏場は天然の鮎が遡上する程です。

f0060717_23183255.jpg


もともとは放流された物だと思うのですが、自然繁殖して増えた鯉が至る所に泳いでいます。
そんな訳でこの「鯉」を狙ってみようと出かけてみました。
鯉釣りと言えば川の大物釣りの部類に入るので結構ゴッツイタックルを使いますが、今日はメチャクチャライトタックル。
しかも冗談のようなロッドとリールで挑戦します。

f0060717_23255515.jpg

f0060717_23261269.jpg


写真の様なおもちゃのようなリールとロッドです。
これで「鯉」が掛かったら、ヤバいかもしれません。取りあえずドラグの調節だけは慎重に行いました。
近所のフィッシングショップへ行って、仕掛けと餌(練り餌)を調達して釣り場へ。
釣りを始めたのが2時過ぎ。
取りあえずもう1本ロッドを用意して、ポイントへキャストして置き竿にしてアタリを待ちます。

40分程で待望のヒット、しかも冗談のようなロッドに・・・
ロッドを立てると「鯉」は下流へ一気に走り出しました。
テンションを掛けているにもかかわらず、一気に30mくらいラインを引き出されました。
ドラグを微調整しながら少しずつ寄せてきますが、走られては巻き上げるの繰り返しでなかなかよってきません。
5分くらいファイトをいなしてると、流石に5m位の所まで寄せてこれました。

f0060717_23411062.jpg

f0060717_23413819.jpg
f0060717_2341589.jpg


最後にまたひとのしありましたが、3分後くらいに足下へ寄せられたのですが、玉網を持っていないので、良さそうな浅場まで誘導し、無事に取り込む事ができました。

岸へ引き上げましたが、すぐに針が外れて暴れているうちに川へ戻って行きました。
大きさは60cmくらいだったと思います。

しかしロッド壊れなくてよかった。
[PR]
by nobinobit | 2010-11-11 23:46 | 生き物
<< とっくに夏は終わっているのに 盛大な炎の迫力!「不動尊 火ま... >>