マニア垂涎!究極の逸品。
f0060717_23202782.jpg


写真の万年筆は、今年英国で100本だけ生産された「ダンヒル」の万年筆です。

バックに飛行機が写っているのには意味があります。

写真の模型は、第二次世界大戦時に大活躍した英国の主力戦闘機。
「Battle of Britain(バトル オブ ブリテン)」をご存知でしょうか?
イギリスが本土の制空権をかけて戦った歴史的な戦いです。
ドイツ軍のメッサーシュミットBf-109とスピットファイアの航空戦で、スピットファイアは制空権を守るのに大活躍しました。
この戦闘でドイツ軍が勝利していれば戦局は180度変わっていたかもしれません。

スピットファイアは、イギリスに於いて日本の零戦の様な象徴的存在の戦闘機です。

実はこの万年筆のボディは、そのスピットファイアのエンジンブロックのアルミニウムを削りだして作られた物なのです。
キャップ部分はコックピトのキャノピーを模したガラスになっています。

価格は、なんと・・・・
1,300,000円
日本には1本しかないそうです。

f0060717_23445018.jpg


ちなみに一説にはBattle of Britainでドイツ軍がメッサーシュミットでなく零戦を使用していたなら戦局は180度変わっていただろうと言われています。
[PR]
by nobinobit | 2009-07-09 23:48 | 仕事
<< 本日のランチ7/9 本日のランチ7/8 >>