カワセミ(翡翠)リベンジ
今日は風が強かったですがいい天気に恵まれ絶好の撮影日和。

と言う事で先日カワセミの撮影をした川へ再度行ってみる事にしました。

都下を流れる荒川の支流で川の横に調整池を持った公園のある場所。
常連さんらしきカメラマンが数人池の撮影ポイントに陣取っているのを横目に前回のポイントへ直行します。
しかしカワセミ狙いのカメラマン、いいや鳥狙いのカメラマンはそろいも揃ってなぜあんな高いレンズを使っているんでしょう。
ほとんどのカメラマンがキヤノンの白レンズかニコンの大砲、それも百万円を越えるレンズです。
貧弱なレンズ使用の私はこそこそと横を通り過ぎます。

そして前回の撮影ポイントに到着。
今回は前回の失敗を教訓に三脚使用、感度を上げて絞りもF8以上にします。
そしてフォーカスはマニュアルにして待つ事約1時間。

やっとチャンスが訪れました。
前回の場所から3メートルくらい上手の川に立てられたパイプの上で様子をうかがっています。
手早くフォーカスを合せ連写しました。

一枚目:パイプの上で様子を伺うカワセミ
二枚目:獲物を見つけ狙いを定める様子
三枚目:獲物に向かってダイビング

さすがにこれ以上カメラで追う事が出来ませんでした。

※写真をクリックすると大きくなります。
f0060717_23303849.jpg

f0060717_23313835.jpg
f0060717_23314853.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-05-09 23:31 | 生き物
<< 本日のランチ5/10 ニューアイテム >>