60’sの置き土産
昨日の散歩中に発見したもの。

畑と住宅地の境目にある駐車場にぽつんと放置してあった車。
車種は判らないが、恐らく60年台の米国自動車界の黄金時代につくられたであろう乗用車。

とにかくデカイ。
そして無意味に装飾が施されているボディライン。
リアなんて尖った大きな縦のフィンが付いてていて、まさにアメリカンドリームの象徴のマンハッタンにあるエンパイヤステートビルやクライスラービルと通じる物がある。

今は長年の風雨に晒され、腐食したボディは所々に穴があく程痛んでしまっているが、所々に施されたコーナーのメッキの輝きは当時のパワーを彷彿とさせる物がある。
f0060717_23231124.jpg
f0060717_23231988.jpg
f0060717_23232824.jpg

[PR]
by nobinobit | 2009-02-13 23:23 | スナップ
<< バレンタインデー トラック、トラック、トラック! >>